« 越後妻有の旅 その1 | Main | 今日のお弁当 »

November 15, 2009

越後妻有の旅 その2

朝6:00頃、私より早く起きた友達に起こしてもらった。
前夜は久しぶりに良質な眠りをとった気がする。夢も見ずに熟睡。
さすがに朝の十日町は寒い。ヒートテックを着込み朝の散歩へ。
昨日は文字通り真っ暗で何にも見えなかった。だけど久々に真っ黒な空を見た。

今朝は… 雨があがったー!
091115_echigo5_3091115_echigo1
091115_echigo2091115_echigo3

091115_echigo4091115_echigo6_2
靄のかかった朝の里山が美しい。ずーっと歩いていたいような気分。

宿に戻り朝ごはん。
091115_echigo8
091115_echigo9

朝からしっかりごはん。おなかいっぱいでまた眠くなってきた~。
091115_echigo7

時間があったのでちょびっとだけ二度寝して出発!
雪対策の準備のため、見られないものが結構ある。まずは松代 農舞台へ。
地元のおじさんやおばさんの温かい声で迎えられる。

関係-黒板の教室」 すべてが黒板でできたどこにでも落書きしてもい教室。
動物の顔があまりにも悪かったので、「悪い顔してるでぇ~、なぁ」と友達に
話しかけたら返事がなく、「な、悪いでぇ~」と振り返ったら知らないおじさんが
立っていた。とほほ
091115_echigo12091115_echigo11

トイレに入ろうとしたら出てくる友達がすれ違いざま、「ちょっとおもしろいでー」と
言うのでびくびくドキドキしていたら、ちょっとポップだけど普通のトイレ。
出るときに「あぁ~ん」と。どこが出口が分からない。開けたら便器でしてやられたり。
091115_echigo13

農舞台の向こうには「棚田」が見える。
091115_echigo14

11月の豪雪地帯はさぞ寒いだろうと思って厚着してきたが、ポカポカ陽気。
次は車に乗って周辺の作品巡りをすることに。
発車してすぐ道の駅を発見して寄り道。
おいしいおだんごやなめこ、友達はめずらしい糸瓜などを買い出発ー!
ドライブの旅って楽しい。

ススキがふさふさと揺れる山道の中を地図を片手にゆっくり登っていく。
091115_echigo15


棚守る竜神の塔」 後ろに見えるは我らが愛車。
091115_echigo18

フィヒテ(唐檜)」 森の中の小さな図書館。気持ちいい空間。
091115_echigo16091115_echigo17

うぶすなの家」 タッチの差でお昼に間に合わなかった。。
091115_echigo19091115_echigo22

風呂
091115_echigo20

かまど
091115_echigo23

古い民家のあちこちに焼きもの。
091115_echigo21091115_echigo24

このあたりの民家は不思議なくらいに人の気配がない。
だけど優しい人達が住んでいるようで・・・  持ち帰り用の袋まで用意されていた。
091115_echigo27_2

胞衣 みしゃぐち」 落ち着くような落ち着かないような不思議な空間。
091115_echigo25091115_echigo26

最後は、「もうひとつの特異点
091115_echigo29

特異点を見終わったころは日も暮れかけていた。
名残惜しいが越後湯沢に向かうことにした。
越後湯沢までの道は、くねくねのワインディングロード。
田舎の山道を抜けて街の明かりが見える瞬間が、淋しさとほっとした気分が
半分半分で何とも好きだ。

越後湯沢からは新幹線であっという間。ちょっと仮眠をとったらもう大宮だった。
日本っていいなぁとまた思った新潟の旅。充実の週末旅行だった。

|

« 越後妻有の旅 その1 | Main | 今日のお弁当 »