« 遠野 1泊3日の旅 その2 | Main | バッファロー吾郎 ドクエンカイ »

September 22, 2009

遠野 1泊3日の旅 その3

朝、また自転車を借りて町から離れた道の駅へ。
結構なアップダウン。昨日のジンギスカンを少しは消費できたか・・・
(東京の感覚で注文したら、お肉がたくさんだった)

道の駅には地元の野菜やお餅などが並ぶ。
安くて新鮮そうなので色々と買って行きたくなったが、何せバス旅行。
でっかいきゃべつや椎茸などを泣く泣くあきらめた。
眺めがよく気持ちのいい道の駅のテラスで朝食を兼ねた買い食い。
090921_tono28090921_tono29
朝買った岩手のゆるキャラそばっちのストラップをさっそく携帯につける。
かわいいー。わんこそばは食べられなかったが・・・

どぶろくの甕に入ったカッパのキティちゃん、かわいい。あ、どぶろくも飲んでない。
090921_tono30

ひと休みしてまた自転車に乗り、坂を上り、下り、上り、、、
景色のいいところで自転車を止め、写真をパチリ。
090921_tono31090921_tono32

町に戻り、とおの昔話村で座敷わらしの話など昔話を聞く。
東北弁の響きってやさしい。
090921_tono33

お昼ごはんは郷土料理のひっつみとけいらん。
090921_tono34090921_tono35
ひっつみはすいとんのようなもの、けいらんは中国の湯園のような、
ゆでたお団子のようなもの。

雨が降ってきて、帰りのバスまでの時間もなくなってきた。
ラストスパート! タクシーで卯子酉様へ。
卯子酉様は恋愛の神様で、神様のまわりの木の枝に願い事を書いた赤い布を
左手だけで結ぶことができると縁が結ばれるそうな。
090921_tono36
090921_tono37
小さな祠なのだけど、赤い布がたわわにぶら下がっていて何とも不思議
というか、少しおどろおどろしい眺め。

卯子酉様を後にして少し山に登るが、時間切れでタクシーで遠野の駅に戻る。
タクシーの運転手さん一押しの五百羅漢は、ちょっとした出来心により
見ずじまいだったが、充分に遠野を堪能した。
090921_tono39
遠野、岩手、東北、しみじみいいところだわ。

遠野を後にしたバスは一路東京へ・・・ ではなく仙台へ。
連休でバスが取れなかったのだ。
せっかくだから、仙台で牛タン!
090921_tono340090921_tono341

深夜のバスで仙台から東京へ。
1泊3日をフルで満喫した楽しい東北の旅になった。

日本っていいなー。

|

« 遠野 1泊3日の旅 その2 | Main | バッファロー吾郎 ドクエンカイ »